再生機器「デジタルオーディオプレーヤー」

トップバナー

再生機器「デジタルオーディオプレーヤー」

今最も主流の再生機器として、デジタルオーディオプレーヤーがあります。

デジタルオーディオプレイヤー(デジタルオーディオプレイヤー、DAP)は、デジタル音楽ファイルを再生することができ、特にポータブルのものを置くオーディオ・プレイヤーです。

MP3だけは再生可能性の再生に対応するプレーヤーとして慣例通りにMP3プレーヤーと呼ばれましたが、あるいはMP3の中で、2011時点で、いくつかの低価格を除いて2つ以上の音声ファイル形式形式に対応する製品、製品をベルトでくくる、共通であるとされています。

さらに、機能は拡張されます。
また、アニメーションのようなマルチメディアに対応する装置はディジタル・メディア・プレイヤーと呼ばれます。

デジタルオーディオプレイヤーは、デジタル・システムの音楽ファイルを演奏し、携帯電話会社の音楽配信サービスの音楽販売サイトから購入すること、あるいはインターネットのために使用されるオーディオ装置か、あるいはCDなどから中へ直接得られた音楽ファイルを演奏しています。

ちなみにデジタルオーディオプレイヤーと呼ばれる用語が広く使用され始めたのは、2000年代の中間からのようです。

これは今後もしばらく人気が続くと思いますよ!

再生機器「カセットテープ」
copyright(C)再生機器紹介