CDプレイヤーの主な仕様

トップバナー

CDプレイヤーの主な仕様

レコードプレーヤーはマニア向けでしたが、CDプレイヤーは皆さんも使った事があるのではないでしょうか?

CDプレイヤーはコンパクト・ディスク(CD)をする設備です。
CD-DA(音楽CD)に現在記録されたデジタル音声データは、スピーカーと再生可能なアナログ情報に変更されます。
種類には携帯型と据置型があります。
では今回は携帯型のご紹介をしていこうと思います。

独立したこと(あるいは(ヘッドホーンと結合して))再生音を聞くことができるものです。
例えば、ソニーのディスクマン(CDウォークマン)のようなヘッドホーン・アンプ(一部分小さなスピーカーを運ぶモデルがさらにあります)ポータブル・プレーヤーだけを備えたものです。

アンプまたはスピーカーで結合されるもの

ラジオとカセットテープの録音および再生装置は、多くの場合に同時に積み重ねられます。
また、それらはCDラジカセと呼ばれます。
さらに、取っ手があり、持ち運びが可能なものを必要条件ですが、CDラジカセの多くは、交換電源を使用するもの、および大型で困難に達することをしているものの内部で中へ持っています。

これが携帯型のCDプレイヤーの主な仕様です。
今後も使う機会があるのでは?

MDプレイヤーの録音方法オーディオ装置「レコードプレーヤー」
copyright(C)再生機器紹介