MDプレイヤーの録音方法

トップバナー

MDプレイヤーの録音方法

MDプレイヤーが以前までは最も使用頻度が高いプレイヤーの1つでした。

このミニディスク(MiniDisc)というのは、ソニーが1992年に発表したデジタル・オーディオの光ディスク記録方式およびそのミディアムです。
略称はMD(MD)です。
アナログのコンパクトなカセットの代わりに用いるべき目標は、開発の背景に適しました。

2種類の記録方式を持ち、それはステレオ録音およびモノラル録音があります。

モノラル録音モードにおいて、2度、ディスク額面価格記法が作られるとともに記録して延長された多数として、それが会合に使用されるので、ラジオ番組などの録音、さらにオーディオ不可逆圧縮がどのモードで符号化方式によって行なわれるかが記録した時、ソニーが開発したアトラック(可調整音声圧縮符号化)。

ビット・レートは、通常ステレオ録音の時間で、292k bpsおよびモノラル録音の時間までに146k bpsで、そのために、記録する小さな記憶容量を備えたMDのメディア中のCDと等価な時間を実現しました。

始め期間のMDの装置中の録音に、キャパシティーがエラー制御に裂かれたので、現在の半分だけが音声レコードに割り当てられました。
したがって、音質は非常に悪かったようです。

さらに、スケール係数が独立しているので、ボリュームなどの調節、録音の後にアトラックにとって可能です。

これが以前までは最も主流だったMDプレイヤーの概要となります。
参考にして下さいね!

再生機器「カセットテープ」CDプレイヤーの主な仕様
copyright(C)再生機器紹介