オーディオ装置「レコードプレーヤー」

トップバナー

オーディオ装置「レコードプレーヤー」

レコードプレーヤーというもので音楽を聴いた事がありますか?

レコードプレーヤー(英語: レコードプレーヤー)はアナログ・レコードを再生するオーディオ装置です。
蓄音機(アメリカ英語: 蓄音機)およびグラモフォン(イギリス英語: 蓄音機)。
蓄音機は古代に呼ばれました。

電気を蓄音機、駆動、および今日に用語として電気を使用しないもののための音声信号の再生に使用するものは、レコードプレーヤーと呼ばれます。
基本構造、レコードの表面上のサウンドトラックの振幅を電気信号に変更するカートリッジ、これを支援するトーンアーム、およびこの電気信号外部を出力するメカニズムが一体になっているとともに、レコードを伴う方向転換台およびそれは回転します。

このレコードプレーヤーからくる信号が出力では弱いため、それはオーディオ・アンプ(プリアンプ、パワーアンプ)で増幅され、人が最後に聞く音圧レベルの音声信号としてスピーカー、ヘッドホーンなどに出力されます。

現代のレコードプレーヤーは参照しましたが、上に言及されるようなステレオコンポの1つの装置としてのアンプへの弱い信号だけがどんな出力されるものを指すようです。
それは、平衡装置アンプ(の後に言及された)を含んでいるプリアンプを持っていました。
また、カセットデッキなどの出力信号および等価強度の信号を出力するいくらかがありました。

これがレコードプレーヤーの概要です。
その味のある曲調にマニアがいるようですね!

CDプレイヤーの主な仕様
copyright(C)再生機器紹介